2021-10

公式戦試合の感想(2021年)

最多勝九里、首位打者誠也の大活躍でカープ6連勝!!

5連勝のカープは、今日から地元マツダスタジアムで横浜との3連戦に臨みます。初戦の今日は最多勝争いをしている九里が先発しましたが、今日は3塁を踏ませない熱投で7回無失点、打線は4番鈴木誠也が4回に先制のツーベース、8回にはツーランホームランの大活躍で完勝。これで6連勝となりました。
雑感

カープドラフト本指名7名、育成4名の計11名を指名!! このオフ大量の入れ替えか?

本日は、プロを目指す選手、関係者はもちろん、ファンに取っても大注目の1日です。カープは本指名で7名、育成で4名の計11名の交渉権を獲得しました。これで、自由契約当落上の選手については、一両日中に通告がされるのではないでしょうか。
公式戦試合の感想(2021年)

坂倉の神の手 森下の粘投 カープ5連勝

ここに来て投打がかみ合い4連勝と波に乗るカープ。今日は後半戦まだ勝ち星がない森下が先発しました。森下は再三ランナーを背負うも後続を断ち無失点に抑えると、打線は坂倉の好走塁などで3点を挙げ、そのまま逃げ切り5連勝を飾っています。
スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2021年)

集中力の切れた巨人とノビノビ野球のカープ 4連勝!!

昨日、投打ががっちりかみ合い3連勝を飾ったカープ。今日は左腕高橋昂也を先発に立てました。高橋昂也は、ランナーを許すものの要所を締め締め得点を与えません。一方、打線は見事につながります。もはや巨人は集中力の切れたようなプレーも目立ち、ノビノビ野球をするカープとの差は歴然でした。7-1でカープが完勝です。
公式戦試合の感想(2021年)

エース大瀬良の力投 野手は攻守連発、打線も繋がりカープ3連勝!!

今週、全カードの中日に勝ち越し、今日から地元で巨人との3連戦に臨むカープ。エース大瀬良が序盤苦しむも7回2失点の力投、打線は菊池の代わりにスタメン出場した安部の好守の活躍など、投打がかみ合い3連勝を飾りました。
公式戦試合の感想(2021年)

玉村、栗林、鈴木誠也 役者揃い踏み カープ連勝で4位浮上!!

昨日、理想的な勝ち方で連敗を4で止めたカープ。今日は相手投手が大野だけに苦戦が予想されましたが、先発玉村が今シーズン一番と思うくらいの好投、打線ではスタメン復帰の鈴木誠也に満塁ホームランが生まれるなど、投打がかみ合い昨日に続き連勝としています。
公式戦試合の感想(2021年)

九里が粘りのピッチング 打線はスキのない攻撃で連敗脱出

昨日、イヤなサヨナラ負けを喫したカープ。今日はチーム勝ち頭の九里を先発に立て連敗脱出を試みました。すると、初回、松葉の立ち上がりを責め3点を先制すると、機動力も活かしたスキのない攻撃で中押し、ダメ押しと理想的な得点を挙げ連敗を脱出しています。
公式戦試合の感想(2021年)

試合を捨てた首脳陣は即刻去るべし 9回菊池保則と心中でサヨナラ負け

今日から中日との3連戦となります。初戦は今や安定感抜群の床田が先発しましたが、3回に集中打を浴びて3失点。打線はじわじわ追い上げるも、相変わらずの拙攻で勝ち越せず。一方、投手陣は同点の場面で9回、菊池保則を送りますが、アップアップの状態なのに、ブルペンは誰も投球練習をせず、敗戦処理の菊池保則と心中し、サヨナラ負けを喫しています。
雑感

佐々岡カープ 地元でこんなに弱くなっていた!?

昨日まで地元マツダスタジアムで3連戦を戦ったカープ。それまでビジターで6連勝を飾っており、その勢いが加速すると思いきや、まさかの地元3連敗。3連覇当時、あれほど地元で強かったのにどれくらい地元での勝率が悪くなったのか調べてみました。
公式戦試合の感想(2021年)

毎度お馴染み カープ得意の拙攻で3連敗。首脳陣の退陣を強く望む!!!

6連勝の後、地元でヤクルトに連敗のカープ。今日は後半戦勝ち星のない森下を先発に立て意地を見せたいところ。森下は7回1失点と好投するものの、打線が二桁安打を放つも、今年何回も見続けた拙攻の連続で1得点しか挙げられず、このカード3連敗を喫しました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました