野村が復活の今季初勝利で、カープ首位阪神に勝ち越し!!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0120

本日の阪神戦は4-0でカープが勝ち

チーム
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
広島 0 2 1 0 0 0 0 1 × 4

 昨日は、天敵大竹をまたも打てず、森下を見殺しにしたカープ、今日は復活を期す野村が6回無失点の好投、リリーフ陣も無失点リレーを続けると、小園のツーランで先制、効果的な追加点もあり、見事、昨日のリベンジを果たし、首位阪神相手にカード勝ち越しを決めています。

 

スポンサーリンク

野村が復活の勝利

 先発は、前回、DeNA戦で6回無失点も勝ちが付かなかった野村でした。

 今日も、持ち味の打たせて取るピッチングでした。

 初回、2回、4回にヒットを許すも、いずれも先頭打者は打ち取っており、2塁を踏ませない好投でしたね。

 結局、6回、投球数81、被安打3、奪三振3、失点0という内容でした。

 これで、2試合続けて6回0封ですからね。

 カープは今季、田中広輔、中崎など3連覇メンバーの復活が目立ちますが、これで野村もその一員に加わった感じです。

 来週も期待したいですね

スポンサーリンク

リリーフはターリー、島内、矢崎

 7回からは1人1イニングでした。

 ターリーは、簡単にツーアウトを奪うも、ノイジーにストレートのフォアボール、ここで代打渡辺にレフト線への長打を打たれるも、クッションボールを西川、小園が処理し、素早くホームへ返球すると、ノイジーがタッチアウト、ここは見事な連携でしたね。

 島内は何と三者連続三振

 島内の場合、いいときは本当に素晴らしいボールを投げますね。

 そして、9回は矢崎が登板し、ツーアウトから大山にツーベースを打たれるも、最後は佐藤をセカンドフライに打ち取り締めています。

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、菊池、野間、秋山、西川、松山、坂倉、田中、小園、野村という国産打線でした。

 最近は、こういうオーダーも多くなってきましたね。

スポンサーリンク

 本当は、マクブルームなり、デビットソンなり、相手投手に関係なく常時出場できる右打者が欲しいところではありますが・・・・。

小園が先制アーチ

 先制は2回、先頭の松山が詰まりながらもレフト前ヒットを放ち、ツーアウトまで来るも小園が復帰後初ヒットがホームランとなりました。

 あとは、確実性を上げてほしいですね。

3回、8回にいい追加点

 小園のホームランの後は小技を使っての得点でした。

 3回、ワンアウト後、野間の当たりは詰まったセカンドゴロ、ただ、野間が懸命に走り内野安打に。

 ここで、秋山の打席でエンドランで、ツーアウトセカンド、西川が技ありのタイムリーで1点追加します。ここは西川しか打てないような、打撃でした。

 更に8回は、先頭の代打末包がヒット、すかさず代走羽月が盗塁、菊池が送ると、野間が高いバウンドのファーストゴロで1点追加

 ここの攻撃も見事でした。

最後に

 カープは、首位阪神相手にカード勝ち越しを決めました。

 昨日の完封負けのお返しをしたって感じですね。

 これで再び、首位阪神に2.5ゲーム差としました。

 2勝1敗のペースで頑張ってほしいですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 現役時代は阪神と毎日に在籍し、日本球界初のトリプルスリーを達成するなど強打者として活躍、現役引退後は、毎日、近鉄、大洋で監督を務めたあと、縁もゆかりもないカープで、1年間だけ指揮を執るも、将来的にカープの代表になる予定でもあった別当薫氏です

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました