末包、値千金の逆転スリーラン!! 虎と6ゲーム差で自力優勝復活!

スポンサーリンク
公式戦試合の感想(2023年)
DSC_0133

本日の巨人戦は5-4でカープが勝ち

チーム
広島 0 0 0 0 1 1 0 3 0 5
巨人 0 0 0 0 0 3 1 0 0 4

 負けられないカープ、今日は九里が2点差を守れず劣勢も、8回、代打末包が値千金のスリーランで逆転勝ちを収めると、阪神が負け、その差が6ゲームに。カープの自力優勝が復活しました。

 

スポンサーリンク

九里が突然崩れる

 先発は先週、DeNA戦で完封勝ちを収めた九里でした。

 今日は、初回、2回とランナーを許すも後続を断ち、3回から5回はパーフェクトと前回同様、完封ペースでした。

 しかし6回、いきなり崩れます。

 ワンナウト後、長野にホームラン

 やはり、昨年まで同僚で、人のいい長野には投げにくいのでしょうかね。

 1点を取られたショックなのか、門脇、秋広と連打、坂本がタイムリーツーベース、更に丸に申告敬遠のあと、中田に犠牲フライ。

 ここは、気落ちした状況なので、交代でもよかったとは思いました。

 続く7回も、ワンナウト後、岡田に粘られた上でヒット、続く長野にもエンドランを決められ、1,3塁。ここで門脇にポテンヒットのタイムリー

 ここで降板となりました。

 結局、6回1/3、投球数116、被安打9、奪三振8、与四球1、失点4という内容でした。

スポンサーリンク

リリーフはアドゥワ、島内、矢崎

 7回、ワンナウト1,2塁で登板したのはアドゥワでした。

 一昨日、最後の投手として2イニング投げた、ある意味、ヒーローですね。

 ただ、秋広にいきなり、ノー、スリーでどうなるかと思いましたが、何とかファーストゴロに打ち取ると坂本も三振。

 一昨日の好投もそうですが、なかなか成長を感じる投球内容でしたね。

 8回、味方打線が逆転し、島内が登板、ただ、ストレートのフォアボールで、悪い島内に戻ったかと思いましたが、中田をダブルプレー、大城を三振とナイスピッチング。

 9回は、本日、登録された矢崎が登板。

 いきなり、吉川にヒット、岡田を打ち取るも代打中山にもヒットで1,2塁。ただ、門脇、代打松田を打ち取り、復活の登板を飾っています。

スポンサーリンク

今日のスタメン

 今日のスタメンは、野間、田中、小園、西川、デビットソン、坂倉、會澤、大盛、九里でした。

 今日は菊池が外れ田中広輔が久々にスタメン、また、坂倉がファーストで出場

序盤拙攻も、5回、ワンチャンスをモノに

 打線は序盤、拙攻の連続でしたね。

スポンサーリンク

 初回、ワンナウト後、田中がヒット、小園が併殺崩れで1塁に残ると西川ツーベースで2,3塁。 しかしデビットソンが三振。

 3回も先頭の九里ヒット、野間フォアボールでノーアウト1,2塁。ただ、田中三振、小園センターフライ、西川レフトフライ。

 ここまではイヤな流れでした。

 ただ、5回、ツーアウトランナーなしから田中がフォアボール、小園がヒット、長野がファンブルする間に田中が一気にホームイン。ここは良く走ってくれました。

6回、デビットソンが一発

 続く6回、先頭のデビットソンがホームラン

 初回のチャンスで打てなかったですが、ここはよくぞ打ってくれました。これで18号。

8回、末包が値千金の逆転スリーラン

 巨人に逆転で2点差を付けられ、7回も1番からの好打順、三者凡退で終わったことから、本日の勝利は厳しいかと思っていましたが、やってくれました。

 8回、先頭の西川フォアボール、デビットソンはいい当たりもライトフライ、代打堂林が三振でツーアウト、ただ、會澤フォアボールで1、2塁。

 ここで代打末包が、何とレフトスタンド上段に値千金のスリーラン。

 先日の満塁弾といい、素晴らしい活躍です。

 

最後に

 今日も、先日に続き末包、デビットソンのアベックホームラン。

 ここ最近で3試合目ではないかと思います。

 カープは右打者が弱く左投手への相性の悪さが指摘されていましたが、ここにきて、末包、デビットソン、堂林などがいい働きを見せていますね。好材料です。

 また、今日は見事な逆転勝ちで、この勝ちは大きいですね。

 阪神が敗れ、その差が6になり、自力優勝も復活です。

 この勢いに乗って勝ち進んでほしいものです。 

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

にほんブログ村

広島東洋カープランキング

ユーチューブ

 ユーチューブに動画をアップしました。

 まだ、「トレーナー」という言葉が定着していなかった1963年、カープに加入すると、東京オリンピックで遭遇した、アメリカのトレーナーが実践していたケア方法を取り入れるほか、肩や肘をケアするアイシングをいち早く日本球界に持ち込むなど、時代のパイオニアとして活躍、2020年まで58年の長きにわたり、裏方としてカープを支えた福永富雄氏。

 今後とも、様々なカープレジェンドを紹介していきます。今まで知り得なかった選手や、エピソードに興味はありませんか?毎週発信していきますので、見逃さないためにも、是非、チャンネル登録よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました